D.J.HIRO memo

見てきたこと、考えたことをD.J.HIROが語ります。

ホームパーティと同窓会を照らし合わせて考えたメモ(まとまっていません)

同窓会というのは一次会2時間、二次会2時間として4時間

 

で、60分に4時間かけて240分

 

20人に会うとして一人当たりと話せる時間は10分くらい

 

昔知っている人に会って10分だけ

 

近況と当時楽しかったねというのを10分で話をしてということをやっているのかー

 

 

 

D.J.HIROは小学校と高校と大学が幹事で

中学は別に理由があるわけじゃないけれどそのうち幹事やると思う

 

 

幹事は声かけるから、近況とかそういうのは事前にわかるから

できるだけ、声をかける対象を増やすとか

いくのを躊躇している人のフォローに回るし

会場でうまく盛り上がるようにサボートに回るわけ

 

 

なので、来た人に楽しんでもらいたいなと思ってやっています

 

例えばだけど

高校とか大学って規模が大きいから

人もたくさんいるわけで同じ学年でもとなりのクラスなんか

よく知らないというか覚えていないとかあるわけで

そこの同窓会に、「同じ学年」というだけで参加してもつまらないだろーなと思う

 

あの頃の話をされても、近況とか言っても

なんでいちいち?みたいになると思うんだよね

 

逆にこれを生きがいにしている人はどこが楽しいのかなと?

 

 

前置きが長くなったけれど

ホームパーティで

何か深い議論になったとか、ここで初めて出会えましたみたいな例を

D.J.HIROは持ち合わせてないなー

 

あるとしたら、パーティで出会って

そこでは深い議論はせずに

後日個人的にお会いして仕事やプロジェクトに繋がったという例