D.J.HIRO memo

見てきたこと、考えたことをD.J.HIROが語ります。

今の仕事への気持ち

任期付き引き受けたラジオ局のディレクターですが

そのままパーソナリティの代打を務めることになり

少なくともあと二回は出番が決まっています

 

何事もそうですがやってみるといろんなことが見えてくる

日頃からどんな準備をしていかないといけないかとか

どれくらいのプレッシャーがかかるものなのか

 

D.J.HIROも5年間やった上で、それでもわからない領域があるわけで

もちろん今わかったと言っていることもきっと全部じゃないけど

 

そう、だから

全部はわかっていない状態なので

 

そして

まだまだ自分はできると思うから

お金のこととか、評価のこととか気にせず

後に残る作品を作っていきたいと頑張っています

 

 

でもなんでこんな気持ちになるのだろう

 

今までの仕事だって同じだったろうに

 

 

 

上司とかお客さんの目を気にしすぎていたから気がつかなかったのかな

 

それともラジオの仕事に思い入れがあるからなのかな

 

あるいは長いサラリーマン生活を勤め上げて仕事について悟ったのかな

 

 

今はこのあたりが候補かと思うんですが

あと二回の仕事をしながらわかるかもしれません

 

引き続きパーソナリティのお話がきて

さらに考え込むことになるかもしれませんが

あと2回一生懸命頑張ります