D.J.HIRO memo

見てきたこと、考えたことをD.J.HIROが語ります。

授業に出ていないのに 恩師として仲人になってくださったフランス語の先生の話

授業に出ていないのに

恩師として仲人になってくださったフランス語の先生の話

 

 

 

仲人って新郎の紹介するじゃないですか

「君のこと教えてくれって」言われてプロフィールを書いたんです

 

でもこの頃

D.J.HIROは工学部の勉強に意味を見出せなくて

フランス語だけでなく

軒並み授業に出ていなくて

進みたかった医学部の受験勉強をずっと進めていました

 

 

なので

得意科目は、大学受験の時の科目

「語学と物理」と書いたんです

 

 

で、披露宴当日、仲人の先生から新郎の自己紹介を迎えました

 

結納の時の挨拶では

「本日はお日柄もよく、以下むにゃむにゃで省略(本当にそう言った)」と

おっしゃっていた先生ですが

 

D.J.HIROのことを省略せずに語り出すのです

「新郎は得意科目は語学と物理と申しておりますが

私の授業の成績を調べましたところAではなくBでした。」

 

 

もう会場は大爆笑でした

 

当時大学は三学期制で

一学期・二学期はAだったんですが三学期の試験がBになって総合評価はBだったので

ホントはフランス語は得意なんですとマイクを奪って話そうと思ったのですが

せっかくの先生の晴れ舞台なので遠慮しておきました

 

 

それに、結局先生には言えないままでしたけれど

一度も授業に出ないのに成績がBというのは

やっぱり得意科目は語学と言っていいんじゃないかなと。