D.J.HIRO memo

見てきたこと、考えたことをD.J.HIROが語ります。

ミュージシャンのキャリアパスを考えてみた

よく、雑誌等々の記事であの人は今どうしている

という企画を見かけます

 

かつてお呼ばれがたくさんだった方が取り上げられるのですが

 

 

ミュージシャンの方のイベントに参加して

その後どうされているのかと考えるきっかけになりました

 

 

D.J.HIROの場合30前半までは研究員でしたので

数ヶ月に一度、学会で発表する計画で

仕事を進めていたわけですが

 

 

部署が変わった途端、発表の機会はなくなってしまい

もとよりその時間を取ることができなくなってしまいました

 

となると、自分の時間を使って、自分で発表先を探していかないと

という取り組みが必要になります

 

音楽と一緒にしてはよいのかわかりませんが

そういった経験があるので

その後の活動をどうされているのかというのはとても関心があります

 

 

それだけに今も新しい音楽を作っている

あるいは

音楽に関わる仕事をしていると

うかがうとうれしいです

 

もちろん音楽だけではないですが、

 

 

それと、もう一つ第2、第3の活動をする上で

メガヒットを持っていらっしゃるというのは

いろんな意味でアドバンテージだなあと思いました

 

 

なので

自分のこれまでの作品も

これからふりかえってみたいと思います

 

メガヒットはないですが

ないならないなりに自分の中での

メガヒットを見据えていく

 

自分が自分で認められるものというのが

強みであり、なによりそういうものを持てている

と自分が思えていることが大切だと感じたからです