D.J.HIRO memo

見てきたこと、考えたことをD.J.HIROが語ります。

「ここから先は思うように行かないのかな」と感じ始めた今回の生放送

生放送が無事終了し

このブログで書いてきたこともオンエアできました

 

結果的には進行表通りで、ディレクターもOKしていましたが

この先どう上手くなって行ったらいいかの課題を再認識

 

成果としては2時間の作品じゃないですか

一般的な反省というのはどちらかというとミスであるとか準備不足に起因するもの

 

 

もちろん個々のミスを防ぐことは大切ですが

 

そういうことじゃなく、

まず2時間の数百のもの作業の中があり

反省点はそれらが微妙に絡んで起きた上手く行かないこと

 

だから

一個一個をどうこうという見方ができないんですよね

 

 

全体の流れの中で起きることだから

そこだけを取り出して練習というやり方で

上手く行くのかわからない

 

 

みんなどうしているんだろう

 

 

テストだと合格点90点とか

スポーツだと点を取って取られてという流れだけれど

こういうアートものは

おそらくは100%じゃないとダメなんだろうなーと

思って頑張って取り組んできたけれど

やっぱり99%から上に持って行くのが難しい

 

学生時代、完璧という言葉を

当時流行ったカンペンケースをパキッと音を出して

 

「カン」を「ペキ」してるなんて

ダジャレを披露していたことが懐かしいです

 

あの頃、こんなこと意識していなかったから

自信があったのかなー

 

根拠のない自信の方ね

 

メンタルが強かったのかな、怖いもの知らずだったのかな

少しは成長したからなのかな

 

同録が聞けていないけれど、これからしばらく旅に行くので

旅先でも考えます