D.J.HIRO memo

見てきたこと、考えたことをD.J.HIROが語ります。

D.J.HIROの周りにいた大人たち

D.J.HIROの周囲の大人はたくさんの個性あふれるキャラでした

父はまちづくりの官僚(専門は法律・教育)

叔父は物理学者

伯父は理科の教員

叔父は塾の先生

叔母は通訳

義父は歴史と宗教の大学教授

 

 

それぞれに専門とそれに伴う趣味を持っていて

D.J.HIROと関わるときに惜しみなくそれらの話をしてくれるので

多大な影響を受けました

 

 

ただ、親親戚というのは近くてもべったりというわけにもいかず

教えてくれたことを実行するには

学校の先生がそのきっかけになるパターンが多かったのかなと思います

 

 

最近の世の中には子どもにべったりの先生もいますが

そういう話ではありません

 

例えば

叔父から天体観測の経験をさせてもらったD.J.HIROは

自分でも夜の星を見に出かけたいと考えるのですが

親から「そんなのは危険だ」と言われたとき

頼れるのは「先生も一緒だから」という一言

 

そんな世界です

 

クラスの希望者を集めて夜の学校に集合して星を見る企画を立てる

 

実際には

観測ノートを1・2ページ書いただけで

 

あとは鬼ごっこをしていた記憶しかないのですが

 

これで「天体観測は楽しい」というのは強化されます

 

 

 

その後、自分が教壇に立った時の天体の授業はできるだけ外で実施することにしました

 

夏は花火になったりしたけれど・・・

 

今でも空の星を見ますよ

ç»åã«å«ã¾ãã¦ããå¯è½æ§ããããã®:空ãæ¨ãå¤ãå±å¤ãèªç¶

 

これは新星発見か?とワクワクしながら撮ったもの

 

新星ではなく惑星でした

 

ワクワクするから惑星というオチをつけて発表したものです