D.J.HIRO memo

見てきたこと、考えたことをD.J.HIROが語ります。

だからD.J.HIROは語り続ける

働けなくて仕事をおやすみしていた時に過ごす

職場復帰のためのプログラムがあります

 

 

主治医からも勧められましたが

どうも首を縦に振る気にならず

結局自分で考えてリハビリプログラムを作っていました

 

 

そうした経験から、講演させていただくのですが

そのときは「リハビリは現場で」とお話しています

 

 

もちろん前段階で病院や福祉施設を利用するのも良いと思いますが

最終的には現場に戻るのですから、ぜひそこを念頭に置いていてください

という意味で話をしています

 

 

働ける、働けない

頑張れる、頑張れない

行きたい、行きたくない

 

 

そういうのって、明確な基準があってそこで線があるわけではない

と思うので、

「こうだからこう」と周りに勝手に決め付けられないためにも

現場でフルに知恵を使って、工夫して、職場の一員として復帰していけたらなー

と思っています

 

 

ってか、受け入れる人たちだって

それぞれにいろいろと抱えているし、あるんだから

みんなで気を回し、気を使いながら、仕事をやっていきましょう

 

という話で終わります

 

だから、「現場」なんです

 

現場ってもどこかがモデルじゃなくて

みなさんの今所属している場所が現場なんです

どこか架空の話でも、メディアに取り上げられるものでもないんです

 

 

と、締めくくるのですが

 

 

それでも

こういう

「障害者フォーラム」行きませんか、「障害者イベント」行きませんかと

ご案内がくるので

D.J.HIROは語り続けるのです