D.J.HIRO memo

見てきたこと、考えたことをD.J.HIROが語ります。

己の欲する所を人に施せ

しゃべりに集中したいから

という理由で

ワンオペでない方法を探し

 

まずはD.J.HIROの後ろで機械を操作してくれる人を探し、諦め

ではと

ラジオ局で採用されれば音響さんとかディレクターさんとかいるだろうと

期待して行ったら自分がその役になってしまいました

 

 

違うじゃんと思ったけれど

でも現場で働いたことないし、経験だし、人手が足りないというので

手伝ってきました

 

 

目標は

しゃべりに集中してもらうこと

 

自分がそうしてもらいたいのなら

まず自分がそうする

 

確かそんなことわざもあった

kotowaza-allguide.com

 

 

では具体的にどうしたらしゃべりに集中できるか

・言われたことをちゃんとやるはまず当たり前として

 

意識したのは

「あなたの期待していること、わかってますよ、そのための準備もしていますよ」

というコミュニケーションでしょうかね

 

 

生放送ですから

何をしていても、していなくても時間だけは刻々と過ぎていきます

それにマイクがオンの時は会話ができません

 

なので

会話ができるタイミングではこちらからも積極的に意思表示

会話ができないタイミングではアイコンタクトを

心がけました

 

 

 

できたかはわからないけれど

一生懸命にやりました

 

 

 

先日、後任が決まり引き継ぎを含む研修を実施したのですが

まず最初にやったことは

機械の操作ではなく

パーソナリティとどのようにお互いにコミュニケーションをとっているかを

観察してもらうことでした

 

己の欲する所を人に施せ

これができないと人を増やした意味というか

1人でやるより複数で取り組むメリットが見出せないと思ったからです

 

 

結果どうだったかは、もう少し経ってからかもしれませんが