D.J.HIRO memo

見てきたこと、考えたことをD.J.HIROが語ります。

卒業後も残る大学生

大学時代を過ごした街に戻って来たのは50歳の時

20年ぶりでした。

 

 

学生結婚だったので

就職した時には、初任給で暮らせるとは思わず

引っ越さなくていい、設立した寺小屋でのアルバイトがある

と言った理由で地元就職をし

チャンスがあれば都会に出ようと目論んでいたわけです

 

 

戻るつもりはなかったのですが

風が吹いたんでしょう

 

 

この理由をいくつかに分けて書きたいです

 

 

一つは

学生時代に周囲の人たちに本当によくしてもらった思い出があること

つくばの人には(周辺の県内全域の人も含めて)本当にお世話になりました

 

どうして自分が地域活動をしたのかもこれが理由です

 

 

母校の近くに戻ってきて

後輩のみなさんと接する機会があります

誰かを一本釣りするとかスカウトするとかではなくて

何気ない気配りや会話の中から

「つくばに来てよかったな」と思われるような大人としての

振る舞いがあるといい

と、言ったら大げさですが

 

自分がしてもらってよかったな

思えることを今度はそう返していけたらと思うんです

 

もちろん、今までも東京でも全国でもそういう話をして実践して来ましたが

それをつくばで言うとなると

もっと説得力があるんじゃないかなと

 

そのためにも力になれるよう頑張ろう(余裕を持とう)