D.J.HIRO memo

見てきたこと、考えたことをD.J.HIROが語ります。

優先順位づけのサポート次第で人は変われる

来週ラジオで話すことになり

内容を考えていますが

 

行き詰まった方をどうサポートするかの話に触れます

私どもはカウンセリング事業なので

トラウマとされる心の傷の修復だけでなく

そこから社会復帰、あるいは復活までをサポートしています

 

 

で、傷を受けてしまう要因となることの環境調整の

4本柱が

・家庭が休める場になるよう

・個々の脳力の特徴を周囲が理解するよう

・対人関係で煩わしくならないよう

・学校なり職場で発揮できる力を養うよう

心を配っております

 

D.J.HIROはこの中で

特に勉強、働く力をつけるサポートをしていますが

一口にこう言っても勉強は広く、働く力と言ってもやはり広いです

 

 

バランスよく、おしなべて力がある・・・

そりゃそういうのができればそれに越したことはないですが

そんな人はホントに実在するのでしょうか

 

話を合わせられて、気の利いたコメントができる

という人はたくさんいますが

そんな人だけが集まったところで事業が成り立つのかは

この目では見たことがありません

 

 

大体のことは、優先順位をつけて

立ち回っているのです

ただ、傷を受けてしまった人には概してここが苦手だったりする

苦手だったり、やったことがないということもありますが

優先順位づけでつい周囲を気にしてしまい

自分が力を発揮したいところにエネルギーを注げない

 

もちろんソーシャルワーカーのD.J.HIROが

アサーショントレーニング(自己主張していく力を養うこと)をしたり

アドボケート(周囲へ代弁していくこと)したりしていくことは

もちろんですが

 

 

優先順位の考え方について

周囲にレクチャーしていくこともしていきます

 

 

そのためには

他のブログでも書いていますが

・目標の共有

・行動の習慣づけ

・記録をつけての振り返り

 

がとても大切になります

 

これができれば、何を優先していくのか本人も周囲も楽になるのではないでしょうか

 

あれもこれもとなり手が回らなくなることよりも

できることを着実に進めていくことに価値を見出して

そこに幸せを感じていくことが私たちカウンセラーの願うことです