D.J.HIRO memo

見てきたこと、考えたことをD.J.HIROが語ります。

「空気は読んだ、でも行動する気はない」となると空気を読めないことになるのか?

高機能自閉症のクライエントさんの案件の話があり

紹介者がなぜこの言葉をわざわざ使ったのかが気になり

今、世の中ではどのように使われているのか含めて概要を調べたところ

 

特徴の冒頭に

概して

「場の空気を読むことが難しい」

 その場の暗黙のルールを察して行動することが難しい傾向があり・・・

 

と、ありました

 

つまり

察して、行動することが難しいのであって

察してはいるけれど

場の空気を察していると自分で思っていて何も疑わない人たちから見ると、自己中心的と思われがちな言動に見えてしまうのでしょう

 

で、

・察していないのか

・察しているけれど行動しないのか

・察しているけれど、行動が期待と違うのか

 

そこらがわからないと、空気を読んでいないのは君たちではないかと

思ってしまうD.J.HIROも

 

過去にドクターから

診断をもらいました

 

 

だから今回の案件が来たのでしょう

 

この話題も依存とともに生涯の学びの対象です

 

学者になる気は無く、政治的な振る舞いをする気もなく

困っているクライアントが穏やかに人生を送れるよう

考えてお手伝いすることが仕事なのでよろしくお願いします。