D.J.HIRO memo

見てきたこと、考えたことをD.J.HIROが語ります。

大学に行くことは意味がないのか

昨今、大学に行っても意味がないのではという議論をよく見かけます

D.J.HIROにはむすこが3人いますがどういうわけか

1人は途中まで目指していたものの今は正社員として働いています

 

 

目指すのを諦めたとか

そういうのは聞いていないですし、

勉強するのが意味がないとか親子間でそれを巡ってのバトルはありません

 

 

私自身としては、行きたくなったらその時は行くことも考えたらいい

と思っています

 

 

大学=就職のための存在

とだけ考えてしまうと、行く時になったらいけばいいという考えは

当てはまらないのかもしれませんが

 

 

大学に行っても意味がない議論はD.J.HIROが大学一年の頃からありました

その頃の流行りの言葉で「ダブルスクール

就職に役立つものを夜予備校や専門学校で学ぶというもの

 

 

とてもそんな所に通えるような立地の大学ではなかったこと

お金がなかったこと

そもそももう勉強はいやだとか思っていたことで

自分は関係ないと思っていたのですが

 

このダブルスクールについて

当時の大学の担任の先生が

大学の勉強は役に立たないのか考えてみようではないかという文を

学生新聞?か、なんかに寄せているのを見て

頭の中で自分なりに考えるきっかけとなりました

 

内容は確かに就職のことを考えての教育なのだろうけれど

果たして大学で学ぶこととはなんだろうかという問いかけで

先生もそれに対して明言はせず時間と共に考えて行きたいといったむすびだったと思います

 

いってみれば当たり前の展開ではあったのですが

この文の問いかけがとても自分の中に残りました

 

 

D.J.HIRO、大学3年目の2年生の時に学生結婚。

この後どうするという岐路、周囲から学校やめろの雑音もあり

ただ、稼いでいかなくてはとのこともあり

何か教育を受けないことには始まらない

 

で、出した結論がこのまま学校を続けて

大学院まで行くというものでした

 

 

社会に出たくないという甘えがあったのかと言われれば

そうなのかもしれませんが

何よりも働くための力をつけたい

で、

それは大学の勉強を一生懸命やること

となったわけです

 

 

そのダブルスクールとかで即戦力をつければいいではないかという

発想もあったのですが

何を選んだらよいのかもわからないことがあったので

どうせだったら今やっている勉強を形にしようと思ったのでしょうね

これがD.J.HIROの学び方の原点となりました

 

 

 

学校の勉強は意味がないとか

言われて久しいですが、

じゃあ意味ある勉強はなに?という事態になったら

わからないし、そのための準備もしてきていない

そんな切羽詰まった状態で何もわからず飛び出して行くのであれば

今持っているものを活用して次につなげて行くのがよいのではと

思ったのです

 

 

これが正しい答えとは思っていませんが

人生とはわりかし綱渡り的なところがあったりするので

振り返ると、結局はこういう場面にでもならないと

行くべき道筋と覚悟が決まらないのではないかと思います

 

大学に行くことは意味があるかはわからないけれど

行ったことに意味をつけるのは自分の心がけ次第であったこと

また後日、その取り組みを書いて行きたいと思います