D.J.HIRO memo

見てきたこと、考えたことをD.J.HIROが語ります。

事業にはすごい利益率の商材がないと厳しいのではないか

売り上げから経費を引くと利益になりますが

大体の企業はトントンのような感じ

利益率10%なんて珍しいのかも

 

で、そこから賃金を払うという発想になると

おしなべて相場的な金額になるのでしょう

 

バイトだとみんなも似たような金額でしょうから

 

だとすると、このままでは現状維持の状態が続き

だんだんと事業全体がシュリンクしていく

 

構造不況業種が全部こうなのかと言われると

わかりませんが

事業の商材に突出して利益率が高いものがないと

なんとなくそのまま衰退して行くように感じています

 

特に儲けてはいけないとか、業界横並びを意識してしまうような

ところは横からの参入や規制の改定で

ガラッと変わりますからね