D.J.HIRO memo

見てきたこと、考えたことをD.J.HIROが語ります。

ガーデンカート自動化のコンセプト

「少しでもお花にお日様が当たるよう明日から鉢を乗せて移動します。そのデータが集まったら、自動運転システムにまでバージョンアップしたいと考えています」

 

朝の位置

f:id:route66-jp:20180326104626p:plain

日が動いたら

f:id:route66-jp:20180326104714p:plain

 

一軸の方向に前に進むだけです

 

位置は下に敷いてあるブロックの位置で判断

 

 

太陽の光を計算するわけでもなく

(それはデータが集まったらと仮定しているように、カートが測定や計算、判断をするわけではありません)

カートは時間がきたら最初の一から予定の位置まで自動で動くだけ

 

駆動系はエンジンでもなく

例えば一回だけ作動する空気ポンプで空気が抜けたらそこでストップ

だからブレーキもいらない

で、翌日のために再度空気を充填してというもの

 

こう考えるとシンプルでできるような気がしませんか?