D.J.HIRO memo

見てきたこと、考えたことをD.J.HIROが語ります。

「ありがとう」と言う前に何にありがとうか考えてみよう

「ありがとう」の意に関わらず

人に気持ちを伝える場面って多々あります

 

 

口で単にありがとうと言うことは、言えばいいんだろうと割り切ってしまえば簡単です

 

でも、そうじゃないですよね

 

 

「ありがとう」の言葉を伝える時には

 

「何に対してありがとう」なのかを考えていく

 

相手の善意に対して、感謝をしていることを伝えることができると

 

いいんじゃないかなと思います

 

 

これは、ありがとうだけではなく、相手のことを褒める時も同じ

 

おそらくは、相手の善意の意図をこちらが受け止めて

 

そのことに対して素直にありがとうと感謝の気持ちを伝える

 

ことがパートナーシップをよくするのではないかと考えて今実行しています

 

 

とはいえ、ありがた迷惑ってのもあるわけですから

 

それもそれでそれが迷惑だと伝えないといけないですよね

 

それもありがとうの言葉を発する時の大切なことです

 

 

機械的にありがとうと言っていたら、迷惑なこともありがとうになってしまう

 

そうではなくて、あなたの善意を私はこう受け止めて感謝をしている

 

と、なればよい流れができて来るような気がしませんか