D.J.HIRO memo

見てきたこと、考えたことをD.J.HIROが語ります。

今の時代に思うこと

書評に載っていた「若者殺しの時代」という本を読みました

昨日買っておもしろくて一日で読んでしまいました

 

若者殺しの時代 (講談社現代新書)

若者殺しの時代 (講談社現代新書)

 

80年代と言えば

中学・高校・大学を過ごした時代です

 

 

書いてあることは

確かにこういうことあった、あったとうなづきながら読みました

 

当時、変だなーと思っていたことも

なんか腑に落ちたスッキリ感がありました

 

すごい楽しかったんですが

ただ、様々な事情

・年齢が違う

・田舎に住んでいた時期がある

・メディアの類にそんなに触れられなかった

・流行や消費する経済的余裕がなかった

・80年代の終わりに早々と結婚した

 

などがあり、こうした現象を体験せず横で見ている方が多かったんだなと

 

さみしくもあり、またこれでよかったんだよ

 

みたいな

 

この本の内容と並行して自分の若い時代を思い返してしまいました

 

昔の雑誌とかを紐解いてその頃のことを調べてある本で

 

客観的な指標として自分にとってとてもいい本です

 

この本と自分の人生を対比しながらふりかえってみると

 

いわゆる社会現象とか、トレンドと自分がどうずれているいるかがわかり

 

今の時代で自分が歩いていく道についても何か気づくことがあるんじゃないかなと思いました

 

しばらくこのブログで取り上げたいです