D.J.HIRO memo

見てきたこと、考えたことをD.J.HIROが語ります。

きれいに生きると言うこと

昨日、宿のテレビでたまたまつけていたら

突然姿を消す人についての話がとりあけとりあげられていました

 

どうして???と言う中で専門家の一人が

ニュアンスとして

きれいに生きなければならないと強く思ってしまったのかな

といったことを話されていました

 

詳しくは番組ブログが更新されたら

掲載しますが

 

いいなぁと夫婦で見ていて話をしていたのですが

実は、この言葉はD.J.HIROにとっても今まで聞いていたようで

耳に入って来なかった、いや頭に入って来なかった言葉

 

ちょっと衝撃でした

 

人生はもうちょっと図々しくてよかったのかなとか思ったり

 

だとすると、他人も許せるし、そして自分も許せることに繋がるのかなと

 

自分や他人を許せないと言うけれど

D.J.HIROだって聖人君子じゃないし、そんなことはわかっているし

だからこそまた苦しくなるんですよねとわかっていながら

 

ちょうど巡礼の旅に出ているので

このことを教えてくれたのかなと思います

 

夫婦で旅に出ました

遅めの夏休みということで

以前から書いている吉方旅行に夫婦で来ました

 

新幹線だから席ぐらいあるだろうと

普段はきっちり予約するD.J.HIROもつい

その辺りを横着してしまい

なんと三人掛けシートの真ん中の席の前後しか取れないという

事態に

 

どうせ終点まで眠るからそれでいいと妻がいうので

そのまま席についたところ

なんと両隣が若い女性で(妻の列もそうだった)

女性に囲まれながら旅することに

 

 

しかもロング缶のビールとか飲んでるし

 

 

慣れないシチュエーションにほとんど眠れず

さすがにみんな途中で降りるだろうと思ったら

そんなことはなく・・・

 

予想を大きく外れた旅のスタートとなりました

 

 

お世話になった場所

学校なり、住んだところなり、旅先だったり

お世話になった場所を再び訪れることはよくやるのですが

 

いわゆる

さよならイベントというのは気が進まない

 

なぜか

 

感覚的ですが、そこに自分の居場所を感じないからです

 

この辺りの感覚というのは

自分で自分のことを伝えられているかわからないので

自分でもわからなかったりするわけで

 

ただ、お世話になった場所や組織がなくなっちゃうよと

言われても式典だけには出たくない気持ちが働くのです

 

先週、タロットを引いたら

 

左が存在していていいよというカード

右のアドバイスカードが経験

 

 

一般的にですよ

「あなたは存在していていい

あるがままでいい。」とはいうけれど

そういうことをいう人に限ってホントかいなという振る舞いをするじゃないですが

 

だから目的意識を合わせて、その中で役割を見つけて

自分の存在理由をそこの場所に見出すようなことをしてしまうわけなんですが

 

だとすると

 

あるがままに存在していいというのが

なかなかの修行なわけです

 

と、なると受け入れ側に期待するというよりは

自分の中の気の持ちようなのかもしれませんね

 

 

世の中にはどうしてこんな振る舞いをしてしまうのだろうという人がたくさんいて

D.J.HIROも悩まされますが

 

lovely-media.jp

 

これもあるがままであると言われたらどうしたらいい??

 

なんて考えると矛盾だらけ

 

だとしたら

このアドバイスカードをどう読むか

 

タロットの先生の話では

人間というのは存在しているということを感じたい生き物らしいので

その経験を積むのがアドバイスカードだそう

 

 

だとすると、

式典に出て居心地の悪さを感じるくらいなら

ぷらっと懐かしいなーと、とあるタイミングで訪れるD.J.HIROの

生き方ってそれであっているのかなと・・・

書いていてそういう結果になりました

 

確かに、タロットの先生からはD.J.HIROは時々やってますよ

みたいなことをおっしゃってました

音楽でのつながり

D.J.HIROを高校の時にバンドに誘ってくれた先輩がいまして

今もよくしてくださいます

 

その先輩に勧められて20年前

シカゴのブルーシカゴというライブハウスを訪問しました

 

その時、先輩にお土産にTシャツを買って帰ったらしいのですが

 

 

というのも、今度は先輩がこの週末に

ブルーシカゴを訪れたとLINEが届きました

 

先輩とは数年に一度の連絡ですが

こうしてつながっていてうれしいです

 

 

それで、D.J.HIROにTシャツのお土産を買って来てもらったとありました

 

 

確かに買ったかも、

というか覚えていてくれたことにびっくりでそちらの方が

とてもうれしく感じてしまいました

 

なんだか懐かしいー

またいつか行けたらいいなー

 

www.youtube.com

アルコールに関して一考察

お酒を飲むと

D.J.HIROの場合は、ハッピーになり楽しく飲めます

ストレスがなくなるかというとそれはわかりませんが

まあ楽しい

 

 

でも

実は酒を1年半前にやめまして

別に飲んでいなくても楽しいです

というかそれ以上

 

 

なんでかというと、あくまでもD.J.HIROの場合ですよ

 

感覚が敏感になっていて

ちょっとのことが楽しい

逆に酒というのは自分の感覚を鈍らせていたんではとのこと

 

 

ハッピーにするんだけれど、同時に鈍らせている

これが、あくまでも自分の場合ですが起きていて

常に刺激を求め続けるサイクルになっていたような

 

 

ただ、この矛盾するようなものを

どう解いていくかは自分でもわかっていません

ということを今日のオンエアでしゃべろうかなとか

思っていたら、なんと今日はオープンスタジオの前では

ビール祭りをやるそうです

 

 

水を刺しちゃいけないよねと、今日のゲストと話し合ってお蔵入りとなりましたので

ここで書かせていただきました(幻のオンエア)

伝えたいことを伝える手段

国語は得意でも美術は苦手のD.J.HIROですが

こうして活字でみんなブログを書くようになったり

パソコンでネットの情報が取れるようになったので

活字に溢れる社会なので書いても書いても伝わらない

もどかしさを感じるようになりました

 

 

10年以上前かな

視覚に訴えることを考えたのですが

これって人の認知はそれぞれで

自分の伝えたいことと伝わってしまうことが不一致

こちらの方も大変

 

どうしたらいいだろうと

そんな理由もラジオを始めた一つです

 

ここ数年、詩の勉強会に出ていたので

詩の伝える力に強く関心を持つようになりました

 

ゆくゆくはこっちもかなと

やっているうちに絵本を書くことになり

(美術は苦手なので絵は妻です)

残りの人生、伝えることにたくさんの手段を使ってでも

やっていこうと話をしています

 

手続きで終わった休日

今日は事務所の休日で

普段は妻は東京に、D.J.HIROはつくばで過ごしていましたが

今日は二人ともつくばにいることになり

だったらと溜まっていた手続きを進めようということになり

 

 

市役所の年金課とドコモの手続きに

他もたくさんあったけど、一番時間がかかったのがここ

 

 

私どもはソーシャルワーカーなんで

こうした役所の手続きには慣れているのですが

それでも時間がかかった

 

 

年金も携帯電話も数十年の付き合いで今までの蓄積があるのですが

それがすごい管理してあって、さらにいろんな制度変更があって

その上いろんなオプションがあって、トドメは窓口からこういう裏技ありますよ

という

 

 

なんか払っているお金は

管理費とか複雑な仕組みを考える人とそれらを律儀に守っている人のために

あるのだろうかと思ってしまいました

 

 

法律関係の人間がこれだけ時間がかかったのだから

一般的にはもっと?

それにD.J.HIROだってもう限界のような気がするので

こういうのは代行ビジネスとかできるのだろうかと思ったけど

また、そこでコストがかかる

 

 

繰り返しになっちゃうけど

犬とかリスが宝物を埋めてわかんなくなっちゃって

一生懸命に探そうとしてもわからないから

莫大なコストをかけて探し出す

みたいな時代、彼らはどう思うんでしょうね

 

年金が賦課方式だというのもわかってきたような気がする

新月の願い

djhiro.hatenablog.jp

 

7月31日の日記で書いた吉方旅行で

良い吉が訪れたようで

ありがたいことに生活の見通しが大きく改善しました

 

楽できるというより、これで仕事に集中というか注力できる

喜びを噛み締めています

ここ数週間切羽詰まっていた様子の妻も

気を引き締めていました

結婚して30年になりますが、今度こそ今回の緊張感を忘れずにいてもらいたいものです

(お前がいうなと言われそうですが)

 

 

そんなわけで新月なので

新月の願いを書いてみました

 

歳のせいか、とてもシンプル

こんなにもD.J.HIROって欲がないんだ・・・と自分で驚いています

 

いや、そんなことはない!

 

でもね、もう散々というか10年以上、D.J.HIROはホントはなりやりたいんだという

自分探しみたいのをやってきたのでシンプルなのかも

 

 

ちょうど、自己紹介の経歴文を書くことになって

というか書いてもらったのを確認して、修正することになったら

いろんなことやってきた人生が一本のストーリーになっちゃった

 

仕事でこじつけのストーリーとかを書いたこともあったけど

決してそういうのじゃなく、なんだか一本繋がって行く

 

 

ゴールがわかって繋がっていたのか

あるいは右往左往しながらある方向を目指していたのか

どちらかはわからないし、自分でもなんでこうなったかというか

意識していたのかということすらわかっていないから

人間ってすごいなーと思いました

 

そんな自分に感謝です

業務上知り得た・・・もの

秘密保持とか守秘義務と言って

例をあげれば個人情報だとかは

ほとんどの人はそういうのを開示してはダメだとはわかると思うので

そこはあえて触れませんが

 

 

業務上知り得たことというのは

どこからどこまでを指すのか改めて考えてしまいます

 

 

D.J.HIROは大学、企業、行政で仕事をしてきましたが

企業・行政での成果をどこまでアピールに使ってよいかわからないで困っていました。

というのも履歴書だったらかけるけれど

ホームページや講演のプロフィールにどこまで載せていいかとか悩みますよね。

 

 

言ってみれば、うるさくいう人が

だんだんと歳とともに丸くなるとか、よくわからなくなるのを待つとか

そもそもそんなに秘密に値するものなのかなど

考えどころはたくさんあるのですが

いろいろと書いていてそろそろ載せないとなーという段階になり

ネットで調べましたがよくわからず

 

 

紳士協定みたいなものも探しましたが、

どうしたら気持ちよくこの問題をクリアできるのか

もう少し時間がかかりそう、、、という前に自分の記憶も曖昧になってきたりしているような・・・。

 

なので、もういっか。

 

http://www.meti.go.jp/policy/economy/chizai/chiteki/pdf/handbook/reference2.pdf

伝えたいことを伝える難しさ 自分の仕事編

イベントで臨時のミニFM局を設置し

結果、

そこで話をする人、準備をする人、聞きにくる人が

お互いに交流するので地域活性化につながる

 

できれば、街のために起業するなどして

雇用(仕事)を生み出すつながりとなってほしい

 

というのが、D.J.HIROが5年間全国を回って実施した

ラジオ局の狙うところです

 

メディアにも全国紙から地方紙まで数多くの取材を受けました

 

が、例えば

これを、例えば今住んでいるつくば市のまちづくりを地域活性をしている人に

伝えるのは思った以上に難しい

 

「まちづくりのラジオ」というと掴みはとても良いのですが

説明をしていて、自分の表現の稚拙さもあるのでしょうが

届かない感を感じています

 

逆に地元ラジオ局でパーソナリティをやっていると言えば

パッと内容を掴んでくれます

 

そうですよね、

新しいとか、耳慣れない取り組みだとなかなかわかってもらえない

なのでこちらも伝え方、工夫をしてます

 

 

もっとも、ラジオパーソナリティと聞いて

想像する姿も人それぞれですので本当に伝えたいことが伝わっているか

こちらももちろん大切です

自分というものを伝えることの難しさ

エレベータピッチという言葉があり

決められた短い時間で相手に伝えることの訓練があります

 

この中に自己紹介もあると思うのですが

初めましても含めて相手に自分のことを伝えるのはなかなか難しい

 

だからこうしてブログを書いているのもそのため

 

元々はね、むすこたちにもなかなか伝わっていないなあと痛感したことが

きっかけですが・・・

 

例えば、命名した名前の由来がとんでもなく違っていたり

今週も「好きな色はオレンジだよね」と言われたり

それでも関心持ってくれていてありがたいですが

 

 

なので、こうなったらたくさんの表現活動に取り組んでみて

自分を伝えてく、もっともそれはお仕事の依頼が来るために

書いているのが第一目的です

 

子供に伝えるだけだと、つい盛っちゃうしね

その他大勢でいいという矛盾

ストレスが溜まっているとは本人は気がつかないこともあるわけで

それを指摘されたのが今から15年前

 

 

お世話になった治療に関わってくださった方々は

「自分が自分がと勝手に自分本位でものを考えているからだ

だから、その他大勢になればいい」と

 

 

びっくりしたけれど、実践してみると

確かに・・・

でもいろんな矛盾出てくるよねー

 

 

自分はそれでいいかなと思ったりしても、割り切れない場面も出てくるし

これ、逆に自分の周りで手伝ってくれている人に

「みんなその他大勢でいい」なんて言ったらどんなことになるか・・・

と想像しただけでコワイです

 

 

これを解く鍵を見つけながらも

日々の生計を立てていく

どうしたらストレスなく働いて世の中のというと大きすぎるので

周りのみなさまの役に立てるのか

今日、ステークホルダーが一堂に会する機会があるので

どう振る舞うか今から考え中です

 

もちろんD.J.HIROはその他大勢作戦で行きますが

どっかでスイッチが入って反転するんだろうなー

そこって自分の許せないポイントだと多分思うので

 

 

ワイワイとできる職場

今日、ご挨拶があってラジオ局に行ったら

生放送の準備が間に合わないみたいで

手伝って来ました

 

 

ギリギリ間に合うかの状況だったのですが

こういう時こそワイワイと前向きに頑張ろうと声をかけ

見事セーフ

 

その働きを放送してくれました

 

ピンチの時も、困った時も、みんなで力を合わせてワイワイできる職場理想です

 

ただワイワイだけしていてクオリティあるものを出せないのは

その手前の話なので

まずはちゃんと納品できるものを持っているのが前提とはなりますが

 

 

今はこういう職場少なくなったなー

D.J.HIRO自身も作っていきたいけれど

こういった事例を広く紹介するのも効果的だよね

メディアで働いているわけだから

8月31日のテレビ見たけれど

8月末の問題は想像以上に大きく

また自分のラジオ番組でも取り上げたし

 

 

でも8月31日に限らずこの問題はあるわけで

 

 

 

説得力を増すために

当事者や経験者を

出演させるのだろうけれど

 

 

そういう自分もメディアでこの話をしていて心中は複雑

 

 

気後れしてしまっていること

できないことある、苦手なことある

そこはわかってもらいたいけれど

他の人だって、いわゆるそうは言えない人たちだって

たくさんの人たちが頑張っているのだから

 

 

ここのところだけは目をつぶってほしい

と、思ってんだったら

他のところで頑張らないととも思ってしまう

 

 

逃げるのはすごい良いことだけれど

逃げた先には追っ手がやって来て

結局立ち向かうことになるんだけれど

やっぱり逃げていてよかった

という話にならないとな

 

 

と、撮り溜めた録画を見た感想

 

それとは別に

自分の企画で参考にした以下の記事が一番

経験者として胸を打たれた

 

苦しいとき、この先生から直々に言葉をかけられたからなのかも

しれないけれど

 

futoko.publishers.fm