D.J.HIRO memo

見てきたこと、考えたことをD.J.HIROが語ります。

夫婦ブログの紹介

お久しぶりの投稿になります

 

はてなブログのProというのは10個ブログを持てるのは

 

やっている方はすでにご存知かと

 

 

 

私D.J.HIROがはてなを使い始めたのは約14年前からで

 

非公開設定ができる個人用のブログを探していて

 

はてなと出会いました

 

 

 

 

今回ね、公開ブログを書いて初めて続けてみたところ

 

つまり、1年間ブログを書いてみて

 

困ったのが

 

書きたいことがたくさんあり過ぎで

 

そこで筆が止まってしまった・・・

 

 

 

 

どうしようか散々悩んで、考えた末に

 

「夫婦ブログ」をやってみようとトライすることにしました

 

i-counseling.hatenablog.jp

 

他愛のないことを書いています・・・って

 

いう感じを出していく一方で、読めば読むほど深い・・・っていうのを

 

目指していますのでぜひこちらの方も併せてよろしくお願いします

断捨離をするとやりたいことが見えて来るのか?本当か?

昨日ラジオで

「断捨離をすると本当にやりたいことが見えて来る」と紹介されていて、確かにその言葉で検索するとたくさんの記事がヒットする。

 

しかも精神状態もよくなるとか。

 

これはやらない手はないんだけれど、最近気になっているのが職場(会社員時代)ではどうやって片付けていたのかということ。

 

D.J.HIROは大きな異動で4回経験しているのだけれど、どれも異動はダンボール1個。(細かな異動や席替えはもっとあるよ)

 

ダンボール1個の中には、文房具などの私物チックな身の回りのもの、もっというと職場用の履き物も入っている・・・という。となると、これしかないの???っていう世界。イメージ的には踊る大捜査線(テレビドラマ)で青島刑事が職場を転々とされるときにカエル急便の箱一つを抱きかかえているシーンに似ている。

 

 

あれが望むべき究極なスタイルなんだけれど、どうやって書類とかを処分していたのは自分でも覚えていないんだよね。あの状態を今の自営の仕事場に持ち込めれば。

 

 

 

そうそう、本題

おそらく断捨離の「捨離」をしていたんだけれど、それでやりたいことが見えていたのか?

というもの。

 

やりたいこと=異動したい

 

ってことじゃないと思うんだけれど、執着がないのか、もうこの仕事は終わりって思っているのか、そこらへんがわかるとおもしろいんだけれど。

リクエストの「フォープレイ」を「コールドプレイ」と聞き間違えた結果

ラジオのDJをしていますから、基本リクエスト曲に答えます。生放送ではあるものの、イベントの生放送。パソコンに楽曲を入れて行きますが、ちゃんと答えようと思ったらあらかじめ準備というかリクエストを聞いておくんです。

 

 

でも、「リクエスト何かありますか?」と聞かれてパッと答えられる人ってまれです。自分もかつて聞かれたことがありましたが出てきませんでした。

 

 

なので、そういう時は好きなフーティストは、とかどんなジャンルの曲を普段は聞いているんですか?というように、だんだんとゆるい枠を作って一緒に決めていくんです。

 

その時は、コールドプレイから数曲というリクエストだったんで、CDを調達して結構聴き込みました。しかし、コールドプレイではなくフォープレイでした。

 

おかげでコールドプレイには詳しくなったというかファンになりました。2016年のスーパーボウルのハーフタイムショーはコールドプレイ。これはぜひ見たいと、自分のモチベーションも上がります。

 

 

www.youtube.com

スーパーボウルを見るためにテレビを復活させた3年前

アナログ停波(地デジへの移行)があってその時にテレビを買い換えないまま、約5年間テレビ無しの生活が続き、いい加減買ってほしいと言われたのが3年前でした。

 

 

買い換えなかった理由はいくつかありますが、

・まさか本当に見られなくなるとは思わなかった

・賃貸マンションに住んでいたので、大家さんがなんとかしてくれるだろうと思っていた

・その頃ラジオDJを始めたので、テレビと訣別したかった

・どんなテレビを買っていいかわからなかった

・お金がなかった

 

などなど。

 

その頃は長男次男は独立していて、家に残っているのが三男。その三男を連れて家族旅行に行った時のこと。

 

その頃三男は19歳でしたので、さすがに親と同じ部屋はと思ったので2部屋取ったんです。父子がケンカしないように同じフロアの両端に。

ã·ã¼ã¬ã¤ã¢2011.8.jpg

 

 

両方の部屋を見た妻のmeleluna(うたう月)が見たものは、

それぞれの部屋で食い入るようにNFLのゲームを見ている姿。しかも興奮してベッドの上をドッタンバッタンしている光景。

 

 

D.J.HIROもその話を聞いてびっくりしました。その頃は反抗期というか意地の張り合いというかそんな時期であまり会話をしなかったのですが

「お前、アメフト好きなんか」と一言。

 

 

なんか歩み寄った気がして、その時に「テレビ買おう」と決めたんです。そして「

一緒にスーパーボウルを見よう」と約束したんです。

 

それから1ヶ月ちょっと。テレビ選びから、設置場所の確保、そしてどうやって映像を見るかの洗濯(衛星、CATV、インターネット)など目まぐるしく忙しい日々になりました。

 

 

おかげでギリギリ間に合いました。

 

そのむすこも独立し、テレビはほとんどD.J.HIROが見ています。そして今日のスーパーボウルも1人で観戦。あれから3年かーと思いながら。

 

SNSのつながりってリアルのつながりとどう違うか考え始めたきっかけ

早期定年退職とともに移住して2年。自分では意外とこれまでの人間関係が続いていることに驚いています。

 

 

これまで、学校の卒業、転勤、転居で周囲の方との関わりがガラッと変わることを数多く経験しました。そこから学んだことは、「生涯の付き合いが続く人って誰なのかっていうのは離れてみないとわからないもの」。

 

なので今回も流れに任せていたのですが、これまでと違うのがSNSの存在。

もう一つ付け加えると、実はSNSについては「もうSNSはいいやー」と退職するよりずっと前に、新しい友達申請はこちらからはしていませんでした。つまり今から新たに友達を作るというのはないなーと思っていたわけです(仕事が絡むことについては別)。

 

 

なので繋がりもだんだんと薄くなることは想定していたのですが、意外や意外、繋がりが続いているわけです。

 

 

自分のSNSの繋がりを見てみると、

SNSが流行する前からの友人・親戚、つまり学校や仕事関係の人を除くと地域活動で知り合った方ばかりなんですね。

 

 

それから2年、会社も辞め、地域も変わり、「またそのうち」と言いながらほとんど顔を出さずに過ごしておりました。

 

元気なの?という問い合わせも多々あり個別に回答するのも疲れたので、頻繁にSNS投稿をしていたのですが、、、

そのせいか、SNSでリアクションをよく頂戴するのですが、よくよくそのお付き合いを考えてみると、「実はほとんど話をしたことがない」方からの反応が多い・・・ことに気がつきました。

 

 

いつも気にかけてくださっているようだから、親しい人だ思ってしまう。でもそれはそれはこちらの錯覚だったりするわけです。錯覚から始まればいいじゃんと思うこともあるんですが、誤解が生まれていたり、実際にまた会った時に話をする機会があったこともあるのですがてんで話が通じない・・・。

 

 

SNSだけの問題じゃないですよ、毎年年賀状をやりとりしているけれど数十年会っていない人もいるわけで、これもし今年会ったとしたら何を話すんだろう、って。会わないままの方が良かったりすることもあるんだろうかって。

 

生涯の人付き合いについてはD.J.HIROのテーマの一つなのでカテゴリー作ってこれからも投稿していきます。

平成最後の・・・言葉に思うこと!!

2月になりました。

 

社会人になってからは西暦でモノゴトを考えるようになったので「平成最後の・・・」という言葉にピンと来なかったのですが、ここに来て「あっ、時代が変わる!!」という実感。

 

最初は、若手の方と話したり、一緒に手を動かしたりして感じた実感。そして、もう自分はついていけないくらい進化しているという喜び。もっとも体力的にもついていけずこちらは別の意味で課題ですが。

 

そして自分のこどもの成長を彼らからの発言を聞いていてそう感じました。老いては子に従え、みたいな感覚。

 

で、今までやっていたことから引退を決めました。意味合い違うかもだけれど「セミリタイア」という便利な言葉もあるみたいでこれで行こうかなーと。

 

ライフワークとか言っていたのはなんなんだよ!みたいなツッコミもあると思うので、まずは何を今感じて、これからどうしたいのか書いていくことにしました。そんな風に思ったら平成はあと3ヶ月じゃん!!となり、そこからはなんというか時代が変わるんだなーと実感せずにはいられない心境になってしまいました。

 

平成最後のって、わずか約30年じゃん。なんて思っていたけれど、30年前なんてD.J.HIROは大学生ですからね。そこから結婚して、こどもが生まれて、就職して、3人とも成人して、結婚して、自分は早期定年の道を歩んでいる。

 

30年、すごい。あっという間だったと思ったけれど、時間経っている。と、感じた次第。なので書いていきます。

脳の活用サポートに始めたノート書きのコストは月500円程度

新しい年2019年が始まりました。

一年の計は元旦にありということで、元旦から今日までたくさんの考え事をし、ノートに書き出してはまた考えるを繰り返してきました。

その中からまとまったものをこれからブログにしていきます。

 

 

そのノートですが、元旦からもう二冊を使いました。ブログに書きながらこうしたことを述べるのも変なのですが、ノートにつらつら書いていくと落書きみたいで楽しい。もっと歳をとって、パソコンとかスマホのデジタル機器がめんどうになっても「ノートがあるからいいや」くらい楽しいと感じています。

 

 

このノート書き。始めたのは3年くらい前?

あまりに1日のやること、やったことを忘れるので、B5のコクヨノートを常に持ち歩くようにしてそこになんでもかんでも書いていったのが始まり。「コクヨノート」に「ジェットストリームのペン」とどこでも手に入る文具で惜しみなく頭の中で思ったことを書いていく。

 

 

生涯趣味を続ける気力がなくなってもこれだけはやっていきたいくらい楽しいです。ノートを使いすぎるんで、取り上げられたらどうしよう?と試算して見たところ

今日が13日で2冊使ったんだで、どんなにハイペースで使ったとしても1ヶ月5冊。

ボールペンの替芯は2本くらい。

 

で、計算すると月に500円くらい??

ノートって無駄遣いすると怒る大人が多い印象だけれど、よくよく計算しても500円なので、これは絶対続けるからね!D.J.HIROの老後を共にするであろう方達にこの場で宣言することが第一回目の投稿でした。

 

 

そして、以降の投稿はノートの中から生まれた話題だったり、考えだったりを書いていきます。

 

 

コクヨ キャンパスノート ドット入り罫線 5冊パック B5 B罫 30枚 ノ-3CBTNX5

コクヨ キャンパスノート ドット入り罫線 5冊パック B5 B罫 30枚 ノ-3CBTNX5

 

 

 

 

 

 

今年のふりかえり(下編)

一年こうしてブログを書くことができました

他にも原稿を書いているのを合わせると(稚拙な記事もありますが)

今年は2000件を超えていますね

 

以前仕事で書いていた時が、1年半で6000件

ただしこのとはき翻訳が2000、記事のシェアが4000だったので

それに比べれば、数字の上ではかないませんが

自分の考えを前面に出しているので大きな成長と言えましょう

 

一年書き続けたから感じたことは

何と出会って、興味を持って、さらに行動に移すまでの流れ

 

D.J.HIROの場合、衝撃的な経験が進路や方針に影響することは自分でもほとんどない気がしていたんです

 

 

・家族にこんな人がいて・・・だからこの道を選びました

とか

・すごい親切にされた経験に感動して・・・だからこの道を選びました

とか

・自分自身の大変な経験を通じて・・・だからこの道を選びました

とか

 

そういうのないんです

 

そりゃ、英雄伝説とか見ればそう言うストーリーなんだけれど

一番人には無理と思っていたら、今や一般人もストーリーを語るようになって

そう言うのがない自分はダメなのか?とか思ったけれど

 

(そう言うのがない自分がダメというのは自分がダメというのではなく

そういうストーリーで自分を語らなければダメという意味です)

 

 

やっぱり、ないな!というのがわかった一年でした

逆に、一般的にはどうでもいいことをおもしろがって

それをきっかけに人生の選択をしていった自分の人生の方が

おもしろいじゃないと感動するようになり

 

それをもう少しわかりやすく、そしておもしろく表現できたら

いいんじゃないかというのが来年の目標です

 

そのため更新は毎日は厳しいと思いますが

毎日書き続けでいきますので楽しみにしていてください

 

今年もありがとう!

 

今年のふりかえり(中編)

最初にお断りしておきますが、世の中はお金ではありません

お金が入ってきたからいいというわけではないです

以下に書く出来事は、どうやってもお金が絡んできてしまうので

言いたいことはそこではないということで・・・

 

最初の話

春にバイクを運転中に財布を落としてしまったみたいで、そりゃもうくまなく探して普段は早寝なのに夜遅くまで起きていたんです。

 

そうしたら携帯に知らない着信が。見つかった!と思ったらラジオ局から技術を人間が足りないから手伝ってほしいとのこと。自分D.J.だし、技術やりたくないしと一旦はお断りしたのですが、こんな緊急事態、窮地に追い込まれていたのでこれもなんかの縁だと引き受けることに。

 

やったことないからハードでした。丁寧に教えてくれてはいたんだけれど頭も手もついていけない。ストレスかかるし、寿命縮むし。でも今だから言えるけど、この仕事を通して得たものは「音へのこだわり」。結果、給料で自宅事務所の高級サラウンドスピーカーを買いました。

 

D.J.HIROの仕事部屋の一つを待合室として提供し、ここにあった4Kテレビと繋いでお客様だけでなく職員にも楽しんでもらい、D.J.HIROへの仕事の依頼も増えそうです。

 

 

もう一つの話、

もともと夏に奈良に旅行に行くつもりが、足に急な激痛が走り前日の夜に中止となりました。運ばれた病院の待合室で読んだ雑誌はトレイルラン。その中に修験道みたいなコースがあり、ここに行きたいと急遽旅先を変更。

 

一方、ここが吉方位だったらしくその後収入が増え、そのおかげで自身の仕事への割り振りが思い切ってやりたいことに集中できる環境になりました。

 

まだまだいくつかありますがとても運が良かった。

 

困難にもめげず、そんな中から未来を切り開いたのだから自分を褒めたいです。

 

「運がいいとい言っているが、そうだとしたらそもそも痛い思いをしないといけなかったのか???」と自分へツッコミたいし、手放しで喜こべることではないので複雑な心境ではありますが、

 

一旦は苦境に陥ったのは自分自身ですし、「よくあの状況から立て直そうとした」という点では自分で自分を褒めたいです。

 

 

今年のふりかえり(上編)

今年もあと3日となりました

よい年だったです

 

もちろん、いろんなことがありうれしいこと、楽しいこと、おもしろいことばかりではなかったけれど、総じてよかったのは何か見えない力(something great)があったのでしょうか?

 

このブログも毎日続けることができました

 

もっとも

晦日に紅白を見ずして早寝してしまい

元旦の朝、お目々ぱっちりで爽やかな目覚め

 

もう50歳を超えたのだから

新年の挨拶廻りは勘弁してくれ、会いたいのならこちらに来いと

いう強気の方針転換をしたものだから家でやることなく

 

それで一年の計は元旦にありではないですが

ブログを毎日書くという目標を掲げ

掲げたらやるでしょうという性分なので今日まで続けることができました

 

 

ここでいう

「紅白の見逃し」→「ブログの継続」

と、なんら関係のなさそうな展開が今年は多すぎた

 

災い・・・とまではいかないけれど

思うようにいかなかったことが予想もしなかった展開になったことが今年は多く

その思い出をいくつか明日、明後日の投稿で記していきたいと思います

ROIと食べ物ロスの関係

今日で一年の仕事納め、お疲れ様でした

大掃除もありいろんな要らないものが出てきたと思うので

それを見ながらロスを減らし、そして果敢に攻めていく来年にしたいと思います

 

これでもだいぶモノを減らし

経費上手になったと思うけど

 

別に悪口いうわけじゃないけれど(ネタにされた方気分悪くしないでね)

昔見た光景で、年末の集まりがあってその時の食べ物ロスが

目を覆わんばかりでなんでこんなに用意したんだろうかと

 

なんだか

この職場のROIとか売上高利益率とか今後大丈夫なんだろうかと

思ってしまいました

 

結構、この光景は当事者じゃないのにD.J.HIROにインパクトというかトラウマになるくらいのインパクトになり

以来、自分はこうならないぞと思いやってきましたが

さらにそれを極めたいと思うくらいに思うようになりました

 

かといって萎縮するつもりもないのでご安心を

ただ単にお金がないというだけですので

 

 

そういや

あの職場ってその後どうなったんだろうなー

 

今見たら

売上高利益率が0.345%になっていました(当時10%くらいあったのに)

次の検診が楽しみになるような検査結果をもらった日

先日の健康診断で「血圧」の値が高過ぎてさすがにびっくり。

それ以来過剰なまでにビクビクしながら生活習慣を変えていきました。

 

健康診断での血圧はその場でわかるからいいけれど

採血した検査結果は全く問題なく、むしろ肝機能検査は今まで見たことのないような

低い値。

 

これは酒をやめて2年ということが影響しているのでしょうか。

 

でね、ここんところ

ネットで血圧のことを調べたらいろんな情報、特に不安にさせるようなものばかりで、にわか知識でD.J.HIROもずいぶん詳しくなってしまいました。

 

その心配事を医師の先生に伝えたら

大笑いされてしまい、複雑な気持ちにはなったけれど

ネットや本の情報に振り回され過ぎていたのかもと1人納得することに。

 

自分としては、症例を見ていないので

重いのか軽いのかとか

この数字が異常だっら関連してここが異常になるとか

そういう「バランス」で見ることができませんし、わかりません。

 

あっちを立てれば、こっちが立たずというのはトレードオフと言って

どの世界でも同じようなことが起きるので

そこを見ずして情報に振り回されることのなきよう

本日の反省でした

 

 

と、言っているそばから

肝機能の数値を見て1人ニタニタしているのですが

まー一度諦めたことでも頑張れば、よくなるという実感は

ものすごく健康に対するモチベーションになります

続けるところから一歩進んだ目標を立てたい

ブログを書くのがどうしてもこの時間になってしまう。

来年からは書き方を変えていく予定ではいるけれど、ルーティンなのか惰性とも言うべきなのか自分の向き合い方に疑問を感じてきた。

結局のところ、ブログを書くことが毎日続けることになってしまっていて、そこからのアウトプットの展望がない。

新たなところに目標をおかねばならない。

ふと思ったのが、ウェブサイトの拡充。

本を出すとか、まとめるとかの作業はさらにその先で良いと経験上思う。

年末年始を迎え見ていない録画を消す毎日

そんなに録画するものはないだろうと2テラのハードディスクを購入したのですが

だいたいフルになっています

 

先月から頑張って10%くらいの空きを作りました

現在は15%

 

でも年末年始の特番で

すぐに埋まってしまう

 

ところで

みんな撮りためた録画ってどう見ているんだろう

 

japan.cnet.com

 

 

こういう高機能のものは古い順から消してくれるとあるが

1ヶ月見ないなんてザラのD.J.HIROはどうもそれだと永遠に見ない気が

 

というか、何曜日のこの時間に放送するというスタイルが

ニュース以外意味ないのではないかという気にすら

 

 

aniera.jp

 

 

みんなどうしているんだろう

 

こう毎日一気見ばっかりしているとだんだん本来の楽しみ方とかけ離れていっているような気が

 

 

*1

 

*1:ここに脚注を書きますD.J.HIROはもともとテレビを見ないばかりか2011のアナログ停波から5年間テレビが家にありませんでした

学習支援、心理相談の前に確認すること

仕事柄、ご夫婦が抱える問題について相談を受けます

 

本来は、ご夫婦で協調して取り組んでいることが

無事結果を出せるようにするのが仕事なのですが

 

その前に

ご夫婦の足並みが揃っているかを確認しないとはじまりません

 

なので

これは前段階

 

 

昨今は前段階の方が増えてきました

なので

本論に入れない

 

 

のれんを変えた方がよいのかな??

 

これ、D.J.HIROもよく耳にする話題です

 

これは引用記事

dime.jp

 

www.zaikei.co.jp

 

 

もともとの発表はこちら

www.kurashihow.co.jp

データ

https://www.kurashihow.co.jp/wp-content/uploads/2018/11/201810_the-marital-relationship.pdf

 

 

D.J.HIROも父親として反省する点が多々あり胸が痛いですが

これの父親版というのはあるのでしょうか